病院に不妊治療を受けに行こう|口コミサイトの活用がカギ

微笑む女性医師

不妊の検査と治療

頭を抱える男性

不妊の原因は、女性側だけでなく、男性側に原因があることもあります。男性側に不妊の原因があることを、「男性不妊」と言います。不妊の原因を調べる検査や治療などは、病院の泌尿器科で受けられます。産婦人科で受けることも可能ですが、「女性からの視線が気になる」という男性も少なくありません。実際産婦人科のスタッフは女性が中心となっていることがほとんどなので、気になる人からすれば結構ソワソワしてしまう場所と言えるかもしれません。泌尿器科は男性のスタッフも多く、同じ悩みや症状を抱えている患者も多く見られるので、特に神経を尖らせることなく検査や治療を受けることができるでしょう。女性スタッフや女医が多くみられる泌尿器科も増えてきているので、パートナーと一緒に検査を受けに行きたいという男性はそのような泌尿器科へ行ってみるのも良いかもしれません。

男性不妊の約9割が「乏精子症」であると言われています。これは精子をつくる機能に問題がある障害のことで、今のところ原因も分かっていません。乏精子症がなぜ男性不妊と深い関係にあるのかと言うと、乏精子症を持っている男性の精子は極めて濃度が低いからです。乏精子症を治療するには、手術治療が有効です。手術治療によって精子の濃度が濃くなり、また精液自体の質が良くなります。ただ手術治療は、あくまで最後の手段でもあります。外科手術は避けたい、という方は担当医に相談し、投薬治療や他の治療法を提案してもらうという選択肢もあります。パートナーと相談した上で、自分にとって最適な治療法を受けましょう。また、男性不妊の治療に特化した病院も多いので、情報誌やインターネットサイトなどを利用し信頼のおけるところを見つけましょう。